今年の運勢を占うにあたって四柱推命について知るべき

今日の占いや今月の占い、そして今年の占いと様々な種類の占いが存在していますが、今年の1年を通しての占いというのは誰かの今年一年のモチベーションや過ごし方にまで影響する大きな占いだと私は考えています。そんな占いとして四柱推命という占いの種類を通して占う事が多いみたいなので四柱推命について少し知っておこうと思い調べてみました事をまとめてみる事にしました。
四柱推命は(しちゅうすいめい)は、中国で陰陽五行説を元にして生まれた人の命運を推察するという方法です。
四柱推命という呼び名は、中国の原書に見ることができないと言われています。日本独自のものであるが英語圏で"Four Pillars of Destiny"もしくは"Four Pillars Astrology"と呼ばれているようにすでに世界的に私用されているそうです。中国では「子平」「三命」「命学」「命理」「ハ字」などといわれているそうです。
そして四柱推命の四柱というのは、生まれた年、月、日、時、の四つ干支を柱とし、その人の生まれ持った可能性を推し量るものである。それぞれの年柱、月柱、日柱、実注という。出生時間が不明の場合も多いため、特に日本では時柱を除外し、三柱推命という方法が多く見られるようです。四柱推命は、年月日時の四つが揃うことが絶対的な条件とされており、中国の願書には三柱推命はまったく見られない。
「4つのうち3つ分かれば、多少確度が下がるだけ」というのは、四柱推命の構成を無視した暴論と言えます。それぞれの柱に来る十干を天干と言い、十二支を地支といいます。さらに、年柱の天干、月柱の地支は月支といった呼び方をします。そして日干を中心として他の天干、地支が日干に対してどのような影響を及ぼしているかを統観し、それをもとに具体的な事象を推察する。というものだそうだ。
今年の運勢を占える人っていうのは凄いなぁとただただ思うのでした。

この記事へのコメント