よく当たる占いで思い浮かぶのはタロット占い?

よく当たる占いとして歴史の古いタロット占いは有名です。元々タロット占いというものは小アルカナという56枚のカードと大アルカナという22枚のカード、合計78枚で占い方法が一般的です。 やり方はカードを裏向きににして机の上におきシャッフルし、その中かから何枚かのカードを引いて机の上に並べる。このカードの並べ方をスプレットと呼び、ひとつひとつのカードの絵柄に意味があり、それから占いの結果を読み取…

続きを読む